スタッフブログ

発達障害  ADHD(注意欠陥多動症)について


ADHD(注意欠陥多動症)という症名をみなさん聞いたことがあるかと思います。(実は最近障害から症に名前が変わりました。)

ADHD(注意欠陥多動症)とは

・不注意

・多動性

・衝動性

によって日常活動や学習に支障をきたす状態をいいます。

 

ADHD(注意欠陥多動症)があると、社会生活を送るうえでさまざまなつまづきを感じ、自尊感情が低くなりやすいと言われています。

どうしてもほかの子に比べて叱られる回数が多かったり、

みんなと同じ空間や時間を共有できなかったりして友達に理解されないことも増え、自尊心が低下してしまう傾向にあるようです。

もちろんお母さん自身もわが子に対して

なんでこんなに叱ってしまうんだろうとか、なんか子育てが上手くいかないなとか、周りからの目が気になってしまうのがつらいなどの気持ちになってしまう傾向にあります。

お母さん自身も自尊心が低くなってしまうようです。

 

発達障害と言われていますが、かの有名なエジソンや坂本龍馬や織田信長などもそうだったのではないかといわれています。

この有名な人たちってエネルギッシュなイメージがありませんか?

多動性や衝動性…、見方によってはエネルギッシュなのかも?!なんて思います。

しかし、実際の環境下では日々の育児において親子共々つらいものがあると思います。

 

実際の起こりやすい問題として

・不注意が多かったり、多動性がみられると集団生活では叱られる回数が多くなる(ドラえもんでいうとのび太くん!?)

・叱られる回数が多いことで、子ども自身が劣等感をもちやすく、自尊心が低くなりがち(こちらものび太くん!?)

・衝動性が強いと友達とトラブルになりやすい(ドラえもんでいうとジャイアン!?)

・まわりに理解されず、学校などで孤立しやすい

・自尊心が低くなることで、かんしゃくをおこしやすくなったり、反抗的、挑発的な行動をとるようになる

・無力感、不安、情緒不安定

ちょっとドラえもんで例えてみましたが、

実際は、「乱暴・悪い子・しつけのできていない子」と周りからはみられ、お母さんたちも「育て方が悪い」と誤解を受けがちです。

また、こうした状況が積み重なってくると、本来の発達に起因する行動特性だけでなく、二次的な問題が生じてくる可能性も出てきます。

しかし、ADHD(注意欠陥多動症)はしつけや育て方によるものではなく、本人の努力が足りないわけでもありません。

 

このような悩みを抱えたお子さん、お母さんには

社会的なスキルを身につける認知行動療法を行うことと、お薬による治療で困っていることを減らすことが効果的であるといわれています。

認知行動療法の一つにDRC(Daily  Report  Card)というものを行います。

DRCはお子さんの特徴にあわせた適切な目標を設定し、目標や達成の様子を保護者や学校関係者が記入するものです。

ADHD(注意欠陥多動障害)のお子さんが普段の生活で何に困り、どのように対処すればよいか、どの目標が達成できたかをお子さんと周囲の大人たちが一緒に考えていくために有効です。

事前にごほうびを決めておき、目標達成することで少しずつ、望ましい行動が増えるとともに、達成できたときにほめてあげるよい機会になります。

認知行動療法の1つとして、

 

アイキッズクリニックでは、

IMG_8246

 

このようなカードを渡して

減らしたい行動を目標として記入したりします。

他にも

IMG_8248

このような冊子をお渡ししています。

 

しつけや育て方が原因になることはありませんが、接し方や育て方が症状に影響を与えることはあります。

うまくほめるということが大切なのですが、ADHDの特性をお互いに理解していないとなかなかうまくできません。

ADHDの特性を理解しないまま、厳しく接していても改善されないものです。

そんな時に活用してもらうものです。

ADHDといわれるこどもたちは、しなければならないことやしてはいけないことがわかっていても

どのように実行していいのかわからないのです。

ADHDのこどもたちが落ち着いてすごせるよう、

環境設定(テレビ、おもちゃなどの刺激物を排除する、部屋の隅を利用した三角コーナーで学習する)をしてあげることや、

具体的な指示(DRCを使ったチェックリスト、お手本を絵で示す、順番に必要なものを並べる)をしてあげましょう。

そして具体的な指示がうまくいった場合はほめてあげましょう!(すぐにほめてあげる、こどもの目線にあわせて喜びを声に出して言ってあげる、また、シールやスタンプを使ってほめた回数が増えた分だけ、好きな物や活動と交換できるという方法も効果的です!)

具体的な行動をほめてあげることで親子で喜びを共有できると思います。ほめてあげる機会が少なかったこどもに具体的な形でわかりやすくほめてあげると本当にうれしいかわいい顔で喜び、親としてもとても幸せな気持ちになります。

 

お薬による治療ですが、アイキッズクリニックではコンサータというお薬とストラテラというお薬を用意しています。

 

母親として、今までわが子の行動に何かもやっとするもの(どうしても怒りすぎてしまうなとか、特別何かしているわけではないのになぜか集団でうまくいかないなという心のつかえ)があって受診したり、園や学校からの指摘で受診してADHDと診断されて落ち込んでしまう場合もあるかもしれません。

しかし、心のどこかではADHDと診断されてほっとしたりなんか心のつっかえがとれたと思うこともあると思います。わが子の行動に疑問を抱き、ついついおこりすぎてしまう自分に嫌気がさしていた日々から立ち上がる一歩として診断がついただけです。

 

ADHDというだけで、生活の中に大きな支障が生じたり、将来が閉ざされるわけではありません。

家庭、教育機関、医療機関が一丸となって、治療を始めることで、

本人が自分の特性を理解し(もちろん、よいところも含めて)子ども自身が行動をコントロールできるようになり

その子の生きにくさが改善すされ、友達に受け入れられ、他のこどもたちと同じように充実した生活が送れると思います。

これから、家庭、教育機関、医療機関一丸となってADHDといわれたこどもの発達の特性にあわせたサポートをすればよいのです。

 

 

ADHDという特性を理解して、それを自分の特性と理解し、自身でコントロールできることを目標にすれば、ADHDの良い面を社会に活かすことができるようになると思います。(いろいろな方面で活躍しているひとはいっぱいいます)

 

もちろんアイキッズクリニックは医療機関としてサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 


スタッフブログ

夜尿症(おねしょ)  part3


4月もはやいものでもう後半、GWですね。新緑がまぶしい季節になりました。

わが子も1年生になるというおおきな行事をのりこえて元気よく学校に行っています。この時期、親としては心配ですよね…。

自分の子がちゃんと学校に行けるのか、学校生活に適応できるか・・・親になるというのは心配がつきものです。

こどものほうも学校という未知の世界に行くことになんかしら緊張があるようで帰り道で途中までお迎えに行くと

緊張した面持ちで帰ってくるのが印象的でした。

私はというと、わが子の確認はもちろんですが、お迎えにいくと他のいろんな子の成長にも感動していました。

つい最近まで園児だった子が、ランドセルしょってたくましく歩く姿をみるとみんな成長したんだなーってしみじみ感動しておりました。

さてわが子のおねしょですが、診察の結果・・・

ミニリンメルト1錠からはじめました。

このミニリンメルトは前回説明しましたが、無味無臭で口の中でさっと溶ける水なしで飲めるお薬です。

本人はこれでおねしょしなくなるんだって思うと本当にうれしいようで毎晩ちゃんと自分から忘れずに飲みます。(本当に気にしてたんですね)

味は説明通りで無味無臭、薬嫌いのわが子もすんなり受け入れています。

薬の効果はというと、

IMG_0065

なんと週2回になりました。(1ヶ月前では考えられない回数です!)

出なかった日は朝、目が覚めて、満面の笑みで元気よく

「ママ!今日〝も〟出なかった!!」

と報告してくれます。

私もたくさん褒めます。よしよし抱っこです。

こうして元気に学校に行けます。

 

さてさてどのくらい治療がつづくのかはこれからの様子次第ですが、これはまだまだ一番少量からのスタートです。

それでも半分になってよかったなと思うので、また診察をうけて先生にミニリンメルトの量を症状にあわせて適正にしてもらいたいなと思いま

す。

おねしょ治療はまだまだ続きます。


スタッフブログ

夜尿症(おねしょ) part2


ルビィです  😛 。

あれから受診してみました。

本人はおねしょが治るということがとてもうれしいようです 😀 。

(珍しく病院にノリノリで行きました)

診察では

まず現状を報告しました。

(やっぱり夜尿症でした 🙁 )

記録をつけてもう一度2週間後に経過報告ということになりました。

IMG_0017

 

現在このように記入しています。

できたら、本人ができたねシールを貼ります 😆 。(にこにこで貼ってます)

失敗しちゃったら母がこっそりレ点チェックします 😐 。

先生からは夜尿症の説明と一緒に冊子をもらいました。

IMG_0018

 

夜尿症克服の道はまだまだ続きます 🙂 。

 


アイキッズの紹介

夜尿症(おねしょ)


本日アイキッズクリニックにて、夜尿症(おねしょ)勉強会がありました。

 

 

夜尿症(おねしょ)とは・・・

5〜6歳をすぎても月に数回以上おねしょをすることだそうです。

なんと、6歳児の10〜20%、小学校の高学年の約5%にみられるそうです。

 

 

意外にいるんですね 😯

 

 

夜尿症はまず、【家庭の生活習慣を改善】することで減らすことができるそうです。

・規則正しい生活をする。

・水分の取り方に注意する。

・塩分を控える。

・夜中、無理にトイレに起こさない。

・寝ているときの寒さから守る。

・寝る前にトイレにいく。

 

見直してみてそれでも改善しなければ、【受診】が望ましいそうです。

おねしょって病院で治療できるものなんですね。

安心しました 😳

 

おねしょは受診して薬が必要であればミニリンメイトOD錠を使って治療を開始していきます。

この薬は口の中でさっと溶け、水なしで飲める薬です。

「水なしでは後味が心配」という意見もありましたが、無味無臭で飲みやすくなっているそうです。(さすがですね!)

また、宿泊合宿(キャンプや修学旅行など)の対策としても活用できるそうです。

 

 

今まで、おねしょにちょっと悩まされてきて、本人も胸のうちで気にしてきたことなので小学校入学を機に治療してみようと思います。

《我が家の現在》

おねしょ回数週4〜5回。

ビックより大きいサイズのおむつを買い続けることにちょっと抵抗を感じるようになりました・・・。

ゴミもでるし、シーツまで到達してしまい、シーツを洗うにも今日は雨・・・。

なんて日も多々ありました 😡

 

本人の自信回復のためにも1歩進んでみようと思います。

(これから、我が子のおねしょに対して親子で向き合う様子をブログ内でアップしていきます)

 

 

アイキッズクリニックに、『おねしょ、スッキリ!』というチラシがおいてあります。

IMG_0997

裏面は夜尿相談シートになっていますので参考にしてみてください。

 

親子ですっきりできたらいいな。 😛

 

 


アイキッズの紹介

台風の中、工事は着々と。。。


10年に1度と言われる程の大型台風26号が、
やっと去りました。
関東地方では公共交通機関が止まってしまったりして、大変だったそうですね...。

 

 

みなさんのお宅は大丈夫でしたか?
お怪我などなかったですか?

 

 

まだ風は強いので気をつけてください。

そんな中、今日も着々と工事が進んでいました 😀

10,16 clinic


最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

タグクラウド

LINE SNS おねしょ くる病 みよし市 アトピー性皮膚炎 アラミスト アレルギー アレルギー性鼻炎 インド インフルエンザ インフルエンザワクチン ネット予約 ビタミンD ワクチン 中耳炎 予防接種 刈谷市 医療相談 名古屋市 在宅医療 夜尿症 安城市 小児科 岡崎市 愛知県 感染症 抗ヒスタミン薬 日進市 海外渡航 渡航外来 渡航相談 発達障害 知立市 肺炎球菌 舌下免疫療法 花粉症 豊田市 貧血 通年性アレルギー性鼻炎 鉄欠乏 鉄欠乏性貧血 離乳食 食物アレルギー 鼓膜

電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と検診予約 インフルエンザワクチン予約 WEB問診票 一般診療予約はこちらから