お知らせ

春に流行するヒトメタニューモウイルス感染症(HMPV)


 

冬の感染症インフルエンザの患者様がまだまだ見られる中、

春の感染症【ヒトメタニューモウイルス感染症(HMPV)】の患者様が

3月に入りアイキッズクリニックでも出てきています‼‼

 

ヒトメタニューモウイルス

ヒトメタニューモウイルス感染症(HMPV)とは・・・☺

 

1歳未満~4歳くらいまでの乳児・幼児では、インフルエンザのように咳と鼻水がひどく、高熱が4〜5日続きますが、インフルエンザほどはグッタリしません。

 

小中学生や大人では、軽い咳や鼻水のみで、高熱が出ることは少ないです。

 

抗インフルエンザ薬のような治療薬はなく、抗生剤も効きません。

自然に治るのを待つしかないのが辛いところです…

 

感染するとウイルスは4~6日間くらいの間潜伏し、発症すると発熱、咳、鼻水をともなう

一般的な風邪症状のような状態になりますが、

喘息に似た発作や、呼吸困難を引き起こすこともあります。流行時期は3月~6月です。

 

★ヒトメタニューモウイルスに感染しないための予防策★

 

飛沫感染と接触感染によってうつるため、乳幼児の多い保育園では感染が広がりやすいことがあります。

鼻汁、痰などが手指、さわったものなどに付着し、接触感染することもあります。

保育者の手などを介して接触感染しますので、“手を洗うこと”が非常に重要です。

風邪にかかっている人は手洗い、マスクなどをしましょう。

2週間くらいはウイルスを排出するといわれていますので、注意が必要です。

 

流行はこれからなので気を付けていきたいですね(´・ω・)

 

 


お知らせ

インフルエンザワクチン2014年度:予約開始しました


 

先日、痛くないインフルエンザの予防接種(フルミスト)の予約を開始しましたが、

今日から10月開始の不活化のインフルエンザ予防接種の予約が始まりました!!

当院では子どもだけでなく大人の方も対応しています。

今日はインフルエンザについてまとめてみました!

 

インフルエンザの症状は?

高熱(38℃以上)、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が現れ、

のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。

子どもではまれに急性脳症を起こすことがあります。

 

いつ流行るの?

日本では毎年12~3月頃に流行ります。

それまでに予防接種を済ませて免疫を獲得しておきたいですね。

 

予防接種のスケジュールを教えて!

2回接種すると効果があるとされています。

1回目・・・生後6か月以上から接種できます

2回目・・・1回目から2~4週間で接種します

(間隔が4週間以上空いてしまっても接種は継続できます)

 

 13歳以上では1回接種又は2回接種の選択ができます。

 卵アレルギーの方でも重度でなければ安全に接種できます。

 

免疫が付くまでは2週間かかるため早めに接種したいですね!

 

ちなみに、1回のお値段は3,500円です。

13歳以上で1回でいいわ。という方はフルミスト(7,000円)より

お安くなってお得ですが、なんせ注射なので痛いです。

値段?痛み?値段?痛み?値段?・・・悩むところです。

どうしても決められない場合は花占いでもして決めて下さい。

 

予約はインターネットからできるので、ぜひご利用ください。

予約フォームはこちら

 

注射でない点鼻のワクチンフルミストを希望される方は以下のブログのリンクの予約フォームから登録してください。

⇨2014年度フルミスト予約は終了しました。

 

フルミストブログ

 

インフルエンザがうつっても発症する・しないは本人の免疫力次第です。

まずは本人の免疫力が大事で、インフルエンザワクチンはインフルエンザに対する免疫力をあげる補助的な役割をします。

地域でのインフルエンザワクチンの接種率が上がることによって守られる命が確実にあります。

インフルエンザワクチンを打つだけでなく、しっかり栄養と休養をとり、

規則正しい生活をして免疫力を高められるといいですね!

 

 

 

 

 

 


スタッフブログ

感染症:4月はヒトメタニューモウイルス感染症が流行る時期です


経過紹介 ※ご家族の了承を得ています。   生後5ヶ月のお子さん、38℃の高熱が2日間、痰がらみの咳、鼻水、目やに、 比較的元気で笑顔も見られ哺乳も良好。 身体診察上はノドがゴロゴロなるのと、軽度の中耳炎を認めるのみです。   まー、ただの風邪といえば風邪なんですが、 小児科医的にはこのままほっといても治るウイルス感染症か、 それとも抗生剤を飲む必要がある細菌感染症なのかはっきりさせる必要があります。 親御さん的にはこのままで治るのかしらん? 薬を飲んだほうがいいのかしらん? というところが心配でお子さんを連れてきているので。   で、何をするか? この時期に流行るアレです! 

ヒトメタニューモウイルスの検査を紹介します。子どもの鼻水を綿棒でゲットして、 大きい子なら鼻をかんでもらって鼻水ゲットして、

ヒトメタニューモウイルス検査

鼻水と試験液を混ぜて、滴下! すると、ものの数分で・・

ヒトメタニューモウイルス

このお子さんはしっかり陽性で出ました。 ちなみに、陰性の場合は・・・

ヒトメタニューモウイルス

こんな感じでSのところに線が出ません。   そんなわけで、インフルエンザの流行が落ち着いた後の3月4月は毎年ヒトメタニューモウイルスが流行ります。 大人は咳・鼻水が出るくらい、乳幼児は高熱が3−4日間と痰がらみの咳がひどくなります。高熱が6日間続いた子もいました。 治療は安静・休養のみです。ウイルス感染症なのでもちろん抗生剤は効きません。 診断がついたからといって、治療方針は大きく変わりませんが、 診断をつけることによって、今後の経過を説明することができますし、無駄な抗生剤を減らすことができます。   「お子さんの風邪の原因は、ヒトメタニューモウイルス、ヒトメタです」 と伝えても、親御さんの反応はイマイチですが、 「ウイルス感染症なので抗生剤はいりません。自然に治ります!」 と堂々と言えるだけ、まーいーかなと。


スタッフブログ

これぞ耳垢塞栓なり


久しぶりの大物に遭遇しました。
感激です。

当院では風邪で受診されたお子さんはほぼ全例において耳をチェックしています。

耳のチェックにはお気に入りのNIDEKさんのVersaCamを使用ています。

下の写真、耳の中です。

OT094333耳垢塞栓

外耳道が完全に耳垢で埋まっています。

「これぞ耳垢塞栓!」と言っていいでしょう。

これくらいの耳垢塞栓にはなかなか出会えません。

なので、たまに出会うとちょっと感動してしまうのです。

 

耳垢鉗子でエッサホイサとホジホジして、

ときにローリングさせて、

子どもを怖がらせないように、

痛がらせないように、

泣かさないように、

気を遣いながらの繊細な作業です。

 

耳垢塞栓との格闘後の写真がコレ↓

OT094600OT094515

巨大耳垢がボロッととれて、

外耳道がスッキリして綺麗な鼓膜とご対面することが出来ました。

 

本日の収穫がコレ↓

GI120545

この巨大な耳垢塞栓のインパクトが伝わるでしょうか?

 

比較として・・・

GI120956

 

一円さんスミマセン。

 

上に並べてみると・・・

GI154528

 

う~ん・・・

 

また今度、巨大な耳垢塞栓との格闘動画をyoutubeにアップしますわ。


スタッフブログ

急性中耳炎は抗生剤なしで自然に治ることもあるけどね


外来でいつもお話していることですが、

急性中耳炎は抗生剤なしでも自然に治ります。

中耳炎の有無より中耳炎を起こしている原因の方が大事です。

 

中耳炎の原因が細菌感染症であって、

その細菌感染症が子どもの免疫力で制御できない場合に

抗生剤のサポートがようやく必要になります。

 

気管支炎や副鼻腔炎でも同じことが言えますが・・・

 

本日はパッツンパッツンの中耳炎の鼓膜所見を紹介

 

まずは比較として正常の鼓膜所見

正常鼓膜

 

本日受診されたお子さん、

「微熱がダラダラとずっと続くんです」

「風邪が全然治らず機嫌が悪いんです」と・・・

 

青っ鼻とノドがゴロゴロするのもあり、

怪しいと思って耳を診ると・・・

耳垢

耳垢ギッシリで鼓膜が見えない・・・

 

まずは耳垢をしっかりとっちゃいまして、その奥を確認すると・・・

破裂寸前の中耳炎

パッツンパッツンの破裂寸前の中耳炎です。

めっちゃ痛そうです。

そりゃ機嫌が悪くなるわけです。

大人なら悲鳴をあげるくらい痛いですね。

 

反対側は・・・

破裂後の鼓膜

すでに破裂した後と思われるヨレヨレの鼓膜でした。

 

「中耳炎で熱が出ていたの?」

 

これはよくある質問ですが、

このような質問に対して僕はズバリ、

「感染症に対する熱です」と言ってしまいます。

「熱も中耳炎も感染症の一症状でしかありません」と話しちゃいます。

そして「この子は肺炎球菌感染症です」と言ってしまいました。

 

なぜ肺炎球菌か?

経験からですね〜

その見極め方をまたそのうち書きます。

 

繰り返しますが、

中耳炎は抗生剤なしで自然に治ることもあります。

しかし、このお子さんの場合は微熱が1週間以上遷延し、

ここ数日は夜泣きもひどかったようで、

お子さん自身の免疫だけでは肺炎球菌感染症を制御できないと判断し、

免疫のサポートとして抗生剤(アモキシシリン)を処方しました。

 

「肺炎球菌ってワクチンがあるじゃないの?」

って思った人もいるかと思いますが、

肺炎球菌って90種類以上あって、

ワクチンが効くのは重症化しやすい13種類だけなんです。

それ以外は子どもで中耳炎や肺炎を起こします。

 

またまた繰り返しますが、

中耳炎は抗生剤なしで自然に治ることもあります。

肺炎だって抗生剤なしで自然に治ることがあります。

中耳炎の有無、肺炎の有無が重要なのではなく、

「何が原因か?」「何の感染症か?」の方が重要です。

中耳炎や肺炎の原因が細菌感染症とわかって、

子どもの免疫だけで太刀打ち出来ないときだけ抗生剤のサポートを受けましょう。

 

子どもの高熱が続く、機嫌が悪いのが続く、

お母さんにとっては本当に心配で不安だと思います。

その心配を真摯に受けとめ、確実な診断と丁寧な説明をして、

少しでも不安を減らせるような診療を心がけていきたいですね。


最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

タグクラウド

LINE SNS おねしょ くる病 みよし市 アトピー性皮膚炎 アラミスト アレルギー アレルギー性鼻炎 インド インフルエンザ インフルエンザワクチン ネット予約 ビタミンD ワクチン 中耳炎 予防接種 刈谷市 医療相談 名古屋市 在宅医療 夜尿症 安城市 小児科 岡崎市 愛知県 感染症 抗ヒスタミン薬 日進市 海外渡航 渡航外来 渡航相談 発達障害 知立市 肺炎球菌 舌下免疫療法 花粉症 豊田市 貧血 通年性アレルギー性鼻炎 鉄欠乏 鉄欠乏性貧血 離乳食 食物アレルギー 鼓膜

電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と検診予約 インフルエンザワクチン予約 WEB問診票 一般診療予約はこちらから