スタッフブログ

食物アレルギー:大豆ver.


 

こんにちは!

 

今日は食物アレルギーの中でも大豆のアレルギーについて紹介したいと思います。

 

◎大豆アレルギーって?

大豆は「畑の肉」と言われるほど良質なたんぱく質が含まれています。

(ありったけの豆知識)

しかし、大豆アレルギーは主に、大豆に含まれるたんぱく質が原因となり

皮膚症状や呼吸器症状を伴うアレルギー反応を起こすことがあります。

 

◎ここで少し大豆について知っておきましょう!

一口に大豆といっても大豆にはいろいろな加工食品があります。

spe2_il_01

(農林水産省のHPより)

 

絞れば豆乳に、それを加熱すれば湯葉ができ、固めれば豆腐になる。

水煮にして発行させれば味噌や納豆もできる。

加工して色々な楽しみ方ができる素敵な食品です。

(個人的にはおでんに入っているがんもどきが好き)

 

ただ、その分アレルギー反応を起こす原因(アレルゲン)にもばらつきがあります。

どれに反応しやすいかは一様ではなく、豆腐だけに反応する場合や豆乳だけに反応する場合、

納豆で遅発型アナフィラキシーを起こす場合もあります。

 

◎大豆製品の中でもアレルギー反応を起こしにくい食べ物は?

味噌・醤油・納豆など、大豆を発行させたものは製造過程でたんぱく質が分解されるので

アレルギー反応を起こす可能性は大きく低下します。

また、大豆油もたんぱく質の残存量が少ないため、症状を起こすことは稀です。

 

◎大豆アレルギーにそんなに種類があるなんて・・・。食べる前に血液検査をするべきなの?

結果が陰性であればその食品にアレルギーがないことはかなり正確にわかりますが、

陽性の場合でも症状が出ないことがあり、血液検査だけでは正確な診断はできません。

また、大豆に限らず、どの食品もですが検査時の肌の状態によって結果が左右されることもあります。

そのため、何か心配な食品があれば(あれば)医師に相談して医師の指示のもと食べるようにしましょう。

 

 

関連記事

食物アレルギーとは?

食物アレルギー:アトピー性皮膚炎との関係性!?

食物アレルギー:経皮感作と経口免疫寛容

 

 

 


アレルギー

食物アレルギー:経皮感作と経口免疫寛容



最近はテレビでもインターネットでも食物アレルギーの情報が多く出回っています。

 

アレルギー原因の食べ物を除去しなきゃいけないの?

除去したら食物アレルギーは治るの?

それともちょっとずつ食べさせながら免疫をつけていく経口免疫寛容がいいの?

 

…と、いろいろ疑問が浮かんできます(?_?)

 

また、ブログのタイトルを見て、

「経口免疫寛容は聞いたことあるけど、経皮感作ってなに!?」

って思った方もいらっしゃるのでは?

 

今日は食物アレルギーと経皮感作・経口免疫寛容についてのお話です。

食物アレルギーについて一緒に考えてみましょう!!

 

昔々のイギリスで、、、

(といっても2003年、割と最近)イギリスで、乳幼児にピーナッツオイルが保湿剤として使われていた時代がありました。

湿疹がある、またはアトピー性皮膚炎の重症度が高い場合の3歳以後のピーナッツアレルギーが増加し、ピーナッツアレルギー児を調査することに。

その結果、ピーナッツアレルギー児の 91%が生後6カ月までにピーナッツオイル入り保湿クリームを使用していた事実が判明しました。

(ピーナッツオイル以外の保湿剤の使用では,ピーナッツアレルギーの増加はありませんでした。)

 
参考文献:Factors Associated with the Development of Peanut Allergy in Childhood(N Engl J Med 2003; 348:977-985)

 

一方、イスラエルでは、、、!!?

イスラエルでは生後4~5ヵ月からピーナッツを食べ始め、1歳時点では8割がピーナッツを食べているそうです。

しかし、ピーナッツアレルギーは、早くからピーナッツを食べているイスラエルのほうが少ないという驚きの結果が!!!

食べさせないこと=アレルギーの予防ということにはならないんですね(゚o゚*)!

※ ただし乳幼児ではピーナッツをのどに詰まらせてしまう可能性もあるため、飲み込む能力が十分でない年齢(3歳くらいまで)はピーナッツ丸々のつぶ状のものは与えないようにしましょう。

参考文献:Early consumption of peanuts in infancy is associated with a low prevalence of peanut allergy(Journal of Allergy and Clinical Immunology Volume 122, Issue 5, Pages 984–991, November 2008)

 

日本では、、、
2010年、加水分解小麦含有洗顔石鹸使用により生じた小麦アレルギーの症例が多数報告されました。
何年、何十年もの間、小麦を食べてきて何ともなかったの方が、小麦入り石鹸を使っていたら、突然、小麦アレルギーになってしまったのです。
これは、洗顔を繰り返すことで「茶のしずく」に含まれる小麦加水分解物が主に顔面の皮膚から経皮感作され、
経口摂取によって小麦アレルギーを起こすという仕組みです。
顔面中心の湿疹,まぶたの発赤や腫れ,パンやうどんなどの摂取後に運動をすると生じるじんましんやショックなどが主症状です.

 

経皮感作のこと
経皮感作とは、最初に皮膚でアレルゲンとして認識し、全身性のアレルギー反応に移行していくことです。
イギリスのピーナッツオイル問題、日本の「茶のしずく」問題をまとめると、
荒れている肌に異物を接触させ続けた結果、体がピーナッツオイルや小麦を自分の敵だと思い込み、
食べ物として摂取したものに対して過剰な防御反応(アレルギー反応)を起こすということです。
この結果により経皮感作(最初に皮膚でアレルゲンとして認識し、全身性のアレルギー反応の準備が始まる)によるピーナッツアレルギー発症の可能性があるのではないかと考えられるようになりました。
最近では、実際に幼少期に肌の状態を良好に保っている子よりも、
湿疹などを放置している子のほうが食物アレルギーになる確率が高くなることがわかっています。
ステロイド軟膏や保湿剤をうまく利用して肌をいい状態に保つことが食物アレルギーを軽減させられるのではないかと考えられています。

 

経口免疫寛容ってなんだろう?

食物アレルギーの治療といえば、アレルゲン食品の除去が常識でしたが、

ちょっとずつアレルゲン食品を食べさせて治していくという考え方です。

アレルゲン食品をほんのちょっと食べさせ、症状が出なければほんのちょっと増やして食べさせ、を繰り返し、

徐々に食べられる量を増やして最終的にアレルギー反応をなくすというものです。

 

食べられないものを除去し続けて、一生食べられないままかもしれないよりは

時間はかかるかもしれませんが、ちょっとずつちょっとずつ食べさせていって

最終的にはどんな食品でもたくさん食べてたくましく育ってくれるのが一番ですよね。

 

 

 注意:アレルギー反応の具合は軽い湿疹で済む子もいれば、重篤な症状が出る場合もあるため、

経口免疫は自分の判断で始めるのではなく、医師に相談してから行ってください。

 


スタッフブログ

夜尿症(おねしょ)  part4 ~おねしょ克服への道~


7月ですね!暑い夏がもうすぐそこまでやってきました。みなさん、この夏の予定はどうですか?

私はというと、1年生のわが子の夏休みの宿題に、今からもう頭を悩ませている日々です。

日誌、作文、研究や創意工夫etc…。夏休みって宿題がけっこうありますね…。

でも!長い夏休み、楽しい計画も立てたいと思っています!

夏休みといえば、キャンプやBBQ、テーマパークにイベントなど楽しい予定は盛りだくさんですよね。

お泊りして出かけることもある夏休み。

実は、昨年度までわが家はおねしょ問題がすこしネックになることもあったんです。(おむつやおねしょシート持参、家族以外はなし等々)

でも今年は、なんだか明るい気持ちでいろいろなイベントを計画できそうです。

おねしょのおくすりミニリンメルトを飲み始めておねしょ量が格段に減りました!!!

IMG_0291

おねしょの回数 7月現在   1回/週

治療前   4~5回/週 (3月末)

大好きな妖怪ウォッチのスタンプで達成感を味わっています。

本人も朝トイレでおしっこするということがうれしいようで

ねぼけまなこで「ママ、おしっこできた~」と報告してくれます。

トイレからすっきりでてきたわが子がずいぶん成長したように思えるのはちょっと親ばかですね…。

小学校の生活にもだいぶなれてきてお友達といるのが楽しいと思えようになったわが子。

今年の夏は、もしかしたらお友達といっしょにお泊りができるようになるかもしれません。

この夏、最高に楽しい体験を心おきなく存分にさせてあげたいなと思います。

アイキッズクリニックでは夏のイベント(キャンプや合宿など)のおねしょの対応もしています。

ここはどうしても失敗できない日などありましたら、事前にご相談ください。

おねしょ治療はまだまだ続きます。

 


スタッフブログ

RSウイルス感染症予防薬:シナジス


 

今日はRSウイルス感染症を防ぐ、シナジスについてのブログです!

 

シナジス注射(本名:パリビズマブ)・・・聞いたことあるでしょうか。

あまり知られていないと思います。

そう、シナジスの保険適用は、

早産や、先天性の心疾患のある新生児・乳児 と、限られています。

 

そして、そして、、、

実は最近、ダウン症の子にも保険適用が認められた、なうい注射です。(なうい)

※ 自費で打つと高価な注射です。

 

シナジス注射の接種は、少し特殊です!

ではシナジスとはなんなのか?RSウイルスとはなんなのか?

知っていきたいと思います!

 

シナジスとは?

RSウイルス感染症の重症化を防ぐ注射です。

RSウイルスとは、3歳までにほとんどの子が感染する感染症と言われています。

症状は風邪から、 重篤になると細気管支炎、肺炎など様々です。

細気管支炎・・・難しそうな名前ですが、気管に炎症が起きて腫れてしまっている状態です。

乳児では、ゼイゼイした呼吸(喘鳴)が起きるとか。

 

こんな感じです。。

苦しそうですね(;_;)

 

初感染児では、約7割が鼻水などの軽い症状で済みますが

(大人は軽い風邪ですむそうです。)

その他約3割では咳が悪化し、喘鳴や呼吸困難などの重い症状がでます。

特に!!早産児や心疾患を持っている小児がRSウイルスに感染すると、

重症化のリスクが高くなるそうです。

 

1395405_609129092466657_1548686978_n

RSウイルスの過去の記事はコチラ

 

シナジスの保険の適用

シナジスの保険適用は、特に重症化しやすい

早産の子や、心疾患がある子が対象となっています。

細かく書いてみると・・・

 

・在胎期間28週以下の早産で、12カ月齢以下の新生児及び乳児
・在胎期間29~35週の早産で、6カ月齢以下の新生児及び乳児
・過去6カ月以内に気管支肺異形成症の治療を受けた24カ月齢以下の新生児、乳児及び幼児
・24カ月齢以下の血行動態に異常のある先天性心疾患の新生児、乳児及び幼児
・24ヵ月齢以下の免疫不全を伴う新生児,乳児および幼児
・24ヵ月齢以下のダウン症候群の新生児,乳児および幼児

(厚生労働省HPより)

※ 詳しくはコチラ→http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/rs_qa.html

 

最近(2013年度)から、ダウン症候群の子が適用になったそうです。

 

接種方法・接種間隔

シナジスの接種は、9~10か月頃から流行時期が終わる4月まで、

毎月1回 接種していきます!

毎月1回。。。すこし大変そうですが、それでもこの注射で大幅に重症化の子が減っています!

 

 

もし、この話を聞いて打ってみたい!と思ったお母さん、

相談などあれば、いつでも受け付けております。

 

アイキッズはスタッフ全員、常日頃からお子さんの健康を願っています。

お母さんのどんなご相談でもお伺いします!

 

 


スタッフブログ

ビタミンD:日焼けを気にするお母さんへ


こんにちは!

今日もビタミンDの話題ですよ~!

(これだけ推しているので、みなさんにも大事さがわかってもらえているはず。)

 

前にビタミンDと日光浴の関係についてお話させていただきましたね!

まだチェックされていない方はこちらをご覧ください。

(私の傑作ブログ3位以内には入ってきてます。ぜひともご覧ください)

ビタミンDってなに?という方はこちらこちらをどうぞ。

今回は日焼けを気にするお母さん、必見です。

 

ビタミンDをとりたいけど、どうしても日焼けしたくない。

でも食事だけで毎日必要量をとるのは大変そう・・・

あ~もう、どうすればいいの~カナえも~ん!

というよくある光景。

そんな方のためにこのようなものを紹介します!

(チャラチャチャッチャチャ~ン)

IMG_0100

 

ビタミンDのシロップ&スプレーです。

シロップタイプは1日に4滴・535日分

スプレータイプ(子ども用)は1日に1プッシュ・175日分の

ビタミンDが摂取できます。

ちなみにアイキッズの休憩室にもシロップタイプが1つ置いてあります。

使い方はそのまま飲んでもいいし、食事に混ぜても大丈夫です。

(ただし油なので、食事に混ぜるのが無難かと。)

味は無味・無臭。

食事に混ぜるとちょっと油が多いような・・・って感じです。

でもこれだけで日焼けを気にせず、1日のビタミンDが摂取できるのであれば

もう・・・(言葉にできない)

 

どうしても日焼けをしたくない!でも食事だけで必要量をとれそうにない!

そんな方は1度お試しいただいてもいいのではないでしょうか。

Amazonで購入される方はこちらをどうぞ!

 

 

・・・すみません、もうひとついいでしょうか。

もうひとつアイキッズに入ったというか、

前々から使わせていただいていたものがあります。

それがこちら。

IMG_0112

ハイドロコロイド包帯です。通称ハイドロコロイドです。(そのまま)

包帯という名前ですが、絆創膏のような、キズパワーパッドのようなものです。

アイキッズでは怪我ややけどなどの時にこちらをはらせていただいています。

ハイドロコロイド包帯の使い方は怪我の部分をしっかり洗った後に、

傷の大きさに切って張るだけ。

ちなみに消毒はいいの?っていう方。大丈夫です。

今の怪我の治し方は

消毒をせずに、ハイドロコロイド包帯などをはるだけ

という考え方が主流だそうです。

確かに最近は赤チンなるものを見かけることが少ないですね。

 

ハイドロコロイド包帯のいいところは

使い方が簡単なこと、顔に張っても目立たないこと、傷がきれいに治ることです。

常備しておくと便利なものですね!

Amazonで購入される方はこちら

 

 

 


最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

タグクラウド

LINE おねしょ くる病 みよし市 アトピー性皮膚炎 アラミスト アレルギー アレルギー性鼻炎 インド インドネシア インフルエンザ インフルエンザワクチン インフルエンザ菌 タイ ダニアレルギー トラベルクリニック ネット予約 ビタミンD ワクチン 中耳炎 予防接種 刈谷市 医療相談 名古屋市 夜尿症 安城市 小児科 岡崎市 愛知県 感染症 日進市 海外渡航 渡航外来 渡航相談 発達障害 知立市 肺炎球菌 舌下免疫療法 花粉症 豊田市 通年性アレルギー性鼻炎 鉄欠乏性貧血 離乳食 食物アレルギー 鼓膜

電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と検診予約 WEB問診票 一般診療予約はこちらから