アレルギー

食物アレルギー:小麦ver.


こんにちは!

今回は、小麦アレルギーについてまとめます!

小麦といえば、小麦粉!

いろいろな食品に使われていて、私たちの生活に深くかかわっている食材です。

ちなみに私は、パンが大好きです。パンがないと生きていけません本気です。

 

また、アレルギー原因食品としての小麦は

たまご、乳製品に次ぐ第3位となっています。(0歳〜3歳において)

そこまでメジャーではなさそうですが、お母さんとしては

食べ始めるのに警戒する食品のひとつですよね!

そんな小麦について、食物アレルギーの観点から一緒に学びましょう!

 

 小麦アレルゲンの特徴

小麦タンパクは大きく分けると、、、

①不溶性のグルテンと、②水・塩に溶ける可溶性の成分に分類されます。

それぞれにアレルゲン性があるのですが、

不溶性のグルテンは小麦特有の成分で、小麦アレルギーの人の多くが

このグルテンに対する抗体を持っており症状が出てしまうようです。

可溶性の成分には他の穀物と抗原交差性がある成分もあります。

 

グルテンってなんだ?という方には、作り方をご紹介します!

①適量の小麦粉に適量の水を少しずつ入れて混ぜる。

②まとまるまで、ひたすらこねる

③水を張ったボールを用意し、こねたものを水の中でもみもみする

④水が濁るので、替えながらもみもみする

⑤水が濁らなくなるまでもみもみする

⑥完成!(残ったものこそが、不溶性であるグルテンです!!)

詳しいレシピはコチラをどうぞ!→ 生麩の作り方

ちなみに、これ、生麩です。茹でたらもっちもちの生麩として食べられます!

ごまや抹茶を混ぜてアレンジしてみてもおいしそうですね!

小麦アレルギーの方は、ご遠慮ください。。

生麩⑤ 生麩⑥

 

加工品や関連食品のアレルゲン性

なんと小麦は、高熱で焼かれてもアレルゲン性が低下しません!

繰り返しますが、高熱で焼かれてもアレルゲン性が低下しないのです!!

ターミネーターのようですね。恐ろしい。

しかし、それがかえってメリットと捉えることもできます。

小麦加工食品で自分が食べられる量が分からないときには、

成分表示に書いてあるタンパク質の含有量を参考にできるからです。

(予め食べられる小麦タンパク量を知っておくことが必要です)

 

(例)小麦タンパク2.6g程度なら食べられる子の場合

小麦タンパク2.6g分を換算すると、

ゆでたうどんなら100g、パスタなら約50g、食パンなら約30gとなるので

各食品、この分だけ食べることができます。

成分表示を見て計算すれば、他の食品の食べれる量を簡単に把握することができるのです!

あくまで参考量ですが、便利ですね。

 

ところで、小麦粉には薄力粉、中力粉、強力粉と種類があります。

強力粉はなんとなくアレルゲン性が強そうとか、薄力粉はなんとなく弱そうとか、、、、

実際のところ、全く関係ありません!!!!!!!

そして突然の豆知識ですが、

小麦粉が何を以て強・中・薄に分かれてるかといいますと、

「粉に含まれるタンパク質の量」です!

食品成分表では、薄力粉8.0%、中力粉9.0%、強力粉11.7%となっています。

何かしらの「強さ」ではないのですね。(37へぇ~)

 

症状の特徴

小麦アレルギーは、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんが経皮感作されて

離乳食を始める前から持っていることが多く、

はじめてパンがゆを食べてショックを起こすこともまれにあるそう。。

離乳食で初めて与えるときは、本当に本当に、ちょびっとからにしましょう!

 

多くの子は成長と共に耐性獲得しますが、

重症児では小学生になっても蕁麻疹が出たりゼイゼイヒューヒューなったり、

アナフィラキシーを起こす場合もあります。

 

特に注意が必要なのは、【食物依存性運動誘発アナフィラキシー】です!

中学生から成人に発症し、食べた後2時間以内に激しい運動することで誘発されます。

その名の通りです。

実は小麦、食物依存性運動誘発アナフィラキシーの原因食品第1位なのです。

「食べる」と「激しく運動する」という条件が揃わないと発症しないため、

小麦アレルギーと気づきにくいことも!なんと!

小麦アレルギーの疑いがある場合は、激しい運動をする前の摂取を控えるよう要注意です。

 

ということで、小麦アレルギーについては以上になります。

長々とお付き合いいただきありがとうございました!

読んだせいで小麦アレルギーについて心配になってしまった方、その他にも

何か食物アレルギーについて相談がある方、不安がある方はぜひお越しください。

ご予約はこちらから!

 

 

 


スタッフブログ

発達障害  ADHD(注意欠陥多動症)について


ADHD(注意欠陥多動症)という症名をみなさん聞いたことがあるかと思います。(実は最近障害から症に名前が変わりました。)

ADHD(注意欠陥多動症)とは

・不注意

・多動性

・衝動性

によって日常活動や学習に支障をきたす状態をいいます。

 

ADHD(注意欠陥多動症)があると、社会生活を送るうえでさまざまなつまづきを感じ、自尊感情が低くなりやすいと言われています。

どうしてもほかの子に比べて叱られる回数が多かったり、

みんなと同じ空間や時間を共有できなかったりして友達に理解されないことも増え、自尊心が低下してしまう傾向にあるようです。

もちろんお母さん自身もわが子に対して

なんでこんなに叱ってしまうんだろうとか、なんか子育てが上手くいかないなとか、周りからの目が気になってしまうのがつらいなどの気持ちになってしまう傾向にあります。

お母さん自身も自尊心が低くなってしまうようです。

 

発達障害と言われていますが、かの有名なエジソンや坂本龍馬や織田信長などもそうだったのではないかといわれています。

この有名な人たちってエネルギッシュなイメージがありませんか?

多動性や衝動性…、見方によってはエネルギッシュなのかも?!なんて思います。

しかし、実際の環境下では日々の育児において親子共々つらいものがあると思います。

 

実際の起こりやすい問題として

・不注意が多かったり、多動性がみられると集団生活では叱られる回数が多くなる(ドラえもんでいうとのび太くん!?)

・叱られる回数が多いことで、子ども自身が劣等感をもちやすく、自尊心が低くなりがち(こちらものび太くん!?)

・衝動性が強いと友達とトラブルになりやすい(ドラえもんでいうとジャイアン!?)

・まわりに理解されず、学校などで孤立しやすい

・自尊心が低くなることで、かんしゃくをおこしやすくなったり、反抗的、挑発的な行動をとるようになる

・無力感、不安、情緒不安定

ちょっとドラえもんで例えてみましたが、

実際は、「乱暴・悪い子・しつけのできていない子」と周りからはみられ、お母さんたちも「育て方が悪い」と誤解を受けがちです。

また、こうした状況が積み重なってくると、本来の発達に起因する行動特性だけでなく、二次的な問題が生じてくる可能性も出てきます。

しかし、ADHD(注意欠陥多動症)はしつけや育て方によるものではなく、本人の努力が足りないわけでもありません。

 

このような悩みを抱えたお子さん、お母さんには

社会的なスキルを身につける認知行動療法を行うことと、お薬による治療で困っていることを減らすことが効果的であるといわれています。

認知行動療法の一つにDRC(Daily  Report  Card)というものを行います。

DRCはお子さんの特徴にあわせた適切な目標を設定し、目標や達成の様子を保護者や学校関係者が記入するものです。

ADHD(注意欠陥多動障害)のお子さんが普段の生活で何に困り、どのように対処すればよいか、どの目標が達成できたかをお子さんと周囲の大人たちが一緒に考えていくために有効です。

事前にごほうびを決めておき、目標達成することで少しずつ、望ましい行動が増えるとともに、達成できたときにほめてあげるよい機会になります。

認知行動療法の1つとして、

 

アイキッズクリニックでは、

IMG_8246

 

このようなカードを渡して

減らしたい行動を目標として記入したりします。

他にも

IMG_8248

このような冊子をお渡ししています。

 

しつけや育て方が原因になることはありませんが、接し方や育て方が症状に影響を与えることはあります。

うまくほめるということが大切なのですが、ADHDの特性をお互いに理解していないとなかなかうまくできません。

ADHDの特性を理解しないまま、厳しく接していても改善されないものです。

そんな時に活用してもらうものです。

ADHDといわれるこどもたちは、しなければならないことやしてはいけないことがわかっていても

どのように実行していいのかわからないのです。

ADHDのこどもたちが落ち着いてすごせるよう、

環境設定(テレビ、おもちゃなどの刺激物を排除する、部屋の隅を利用した三角コーナーで学習する)をしてあげることや、

具体的な指示(DRCを使ったチェックリスト、お手本を絵で示す、順番に必要なものを並べる)をしてあげましょう。

そして具体的な指示がうまくいった場合はほめてあげましょう!(すぐにほめてあげる、こどもの目線にあわせて喜びを声に出して言ってあげる、また、シールやスタンプを使ってほめた回数が増えた分だけ、好きな物や活動と交換できるという方法も効果的です!)

具体的な行動をほめてあげることで親子で喜びを共有できると思います。ほめてあげる機会が少なかったこどもに具体的な形でわかりやすくほめてあげると本当にうれしいかわいい顔で喜び、親としてもとても幸せな気持ちになります。

 

お薬による治療ですが、アイキッズクリニックではコンサータというお薬とストラテラというお薬を用意しています。

 

母親として、今までわが子の行動に何かもやっとするもの(どうしても怒りすぎてしまうなとか、特別何かしているわけではないのになぜか集団でうまくいかないなという心のつかえ)があって受診したり、園や学校からの指摘で受診してADHDと診断されて落ち込んでしまう場合もあるかもしれません。

しかし、心のどこかではADHDと診断されてほっとしたりなんか心のつっかえがとれたと思うこともあると思います。わが子の行動に疑問を抱き、ついついおこりすぎてしまう自分に嫌気がさしていた日々から立ち上がる一歩として診断がついただけです。

 

ADHDというだけで、生活の中に大きな支障が生じたり、将来が閉ざされるわけではありません。

家庭、教育機関、医療機関が一丸となって、治療を始めることで、

本人が自分の特性を理解し(もちろん、よいところも含めて)子ども自身が行動をコントロールできるようになり

その子の生きにくさが改善すされ、友達に受け入れられ、他のこどもたちと同じように充実した生活が送れると思います。

これから、家庭、教育機関、医療機関一丸となってADHDといわれたこどもの発達の特性にあわせたサポートをすればよいのです。

 

 

ADHDという特性を理解して、それを自分の特性と理解し、自身でコントロールできることを目標にすれば、ADHDの良い面を社会に活かすことができるようになると思います。(いろいろな方面で活躍しているひとはいっぱいいます)

 

もちろんアイキッズクリニックは医療機関としてサポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 


スタッフブログ

貧血ウォッチ!オレッち、鉄ニャン!!


こんにちは!

タイトルは今大流行中の、妖怪をウォッチするアニメより拝借です。

先回の鉄骨飲料ブログに引き続き、

重要な栄養素である「鉄」についてお話をしたいと思います!

そもそも鉄とは一体何者なのか。そして、よく聞く「貧血」の弊害とは。

皆さまを、若干知られざる鉄の世界へと誘いたいと思います。。。

 

まず、体内における鉄分は大きく3つに分けることができます。

機能鉄:血液や筋肉内に含まれる(約60~70%がこれ!)

貯蔵鉄:肝臓や脾臓、骨髄、筋肉に蓄えられる(男性で約1g、女性は約0.4g)

組織鉄:髪の毛や爪などの組織成分として含まれる

これらをすべて合わせると、体の中にある鉄分の重さは、

成人男性では約4g、成人女性では約2.5gになります!

リアクションしづらい数値ですが、何となく少なさが伝わりましたでしょうか。

 

 

次に、覚えて頂きたい重要なことを挙げたいと思います!

①鉄は赤血球の成分であるヘモグロビンの材料である!

ヘモグロビンは、酸素を全身に運ぶ役割を担っています。

つまり、鉄が不足するとその機能が低下し十分な酸素が行き渡らなくなるということです!

その結果、疲れやすくなったり顔色が悪くなったりします(心当たりはないですか?)

これが、鉄欠乏性貧血の症状です!!!

実は!日本人女性の約10~25%が、また小児の約10%が、

この鉄欠乏性貧血であるといわれています。。。お、多い。。

 

②それより多いのが「貧血のない鉄欠乏」状態の人です!

鉄欠乏性貧血患者の約2倍はいると言われています。

貧血のない鉄欠乏とは、肝臓や筋肉から貯蔵鉄を借りてきて、

機能鉄として補っている状態を指します。

(泣く泣く貯金を切り崩してお財布に入れている状態!)

自覚症状はなく、数値にも表れにくいので誰も気づきません。。。

この状態がしばらく続いて貯蔵鉄が枯渇してくると(貯金がなくなると)、

ようやく症状として表れたり、血液検査でヘモグロビン(HGB)の値が低い結果になります!

貯金が知らない間に枯渇していたら顔面蒼白は必至ですね。

 

③乳幼児の鉄欠乏は精神や運動の発達にも影響します!

成長が著しいこどもの脳には、十分な鉄が必要です。

目に見えるような影響とまではいきませんが、数か月の鉄欠乏が

認知能力や社会性、運動発達や情緒発達に影響するといわれています

生後5か月にもなると、赤ちゃんはお母さんに備えてもらった貯蔵鉄を使い切ってしまいます!

おっぱいのみでは賄えなくなるので、離乳食でしっかりと摂取してほしいと思います。

 

気になる1日の摂取目安や、鉄が多く含まれる食材、吸収率を上げる食べ方などは

5月30日の記事を参考にしてみてください!

また、アイキッズクリニックでは「耕Life」というフリーペーパーで

親子でおいしく食べられる献立レシピを紹介しています!

夏号のテーマはやっぱり、鉄です。

発行された際には、ぜひお手に取ってみて下さい!!!

 

このブログを書いた人・・・新米管理栄養士あっきー(冷やし中華はじめたい)

 

普段の食事で充分摂取できない人はサプリをお勧めします。

妊娠の可能性がある女性は、子どもの二分脊椎症予防のために葉酸入りを選ぶと良いでしょう。


スタッフブログ

経管栄養・胃ろうをされている方へ


GWも真っ只中、今日までアイキッズは診察をしています。
もちろん21時までやっています。
(明日から4日間はお休みをいただきます)

 

 

この度、
新しい経腸栄養剤が出そう(今は販売承認を受けた時点なのでこれから薬価などの手続きになり、発売はもう少し先です)という発表がありました。
アボットジャパン『エネーボ』 

http://www.abbott.co.jp/press/2014/140327.html

※エネーボについて詳しくは→https://www.ikidsclinic.com/?p=1814

 

 

一般の方にはほとんど知られていない事ですが、
様々な理由により普通の食事が摂取できない方はこのような経腸栄養剤を使っています。
簡単に言うと、人間に必要な栄養素をバランスよく配合されたお食事です。

 

 

しかし、
今まではそれだけだとどうしても微量元素というものが不足しがちになってしまい、長い在宅の患者さんなどは野菜ジュースをたしたり、ココアを足したり・・・各自で色々な工夫をしてきました。
それを解決できそうなのが、この商品です。

 

また、胃ろうの方に特に朗報なのが、
ラコールという商品の半固形バージョン
大塚製薬『ラコール®NF 配合経腸用半固形剤」』
http://www.enotsuka.co.jp/html/news/pdf/en140324.pdf

 

 

今まで胃ろうの方は栄養剤を摂取する時に、消化や血糖の問題がおきないように各自で寒天ゼリーにしたり、とろみ剤でとろみをつけたり、市販の半固形化補助食品を購入して使用しなくてはならないという問題がありました。
しかし、これは最初から半固形になっていて、それらの問題を解決できるかもしれないという商品です。

 

二つともまだ発売は先になりますが、
これからもこのような商品がどんどん開発されていき、
在宅の方の生活が安全にそして楽しく生き生きとできたら・・・と切に願います 😳


アイキッズの紹介

食物アレルギー:アナフィラキシーについての勉強会


今日はアナフィラキシー、またそれが起こった時の対処法についての勉強会をしました 😆

IMG_0885

 

 

アナフィラキシーとは

 

アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質(アレルゲンまたは抗体)に触れる、

あるいは食べたり飲んだりした後に、

数分から数時間以内複数の臓器や全身にあらわれる激しい急性の(即時型)のアレルギー反応です。

 

アナフィラキシーによって血圧の低下や意識障害などを引き起こし、

ショック状態に至ることがあり(アナフィラキシーショック)、場合によっては、生命を脅かすことがあります。

 

 

アナフィラキシーを起こす主な原因は?(発現率が多い順)

 

①食べ物 (卵、牛乳、小麦・そば、ピーナッツなど)

②薬 (抗生物質、解熱鎮痛剤、ワクチン、麻酔薬など)

③昆虫 (スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなど)

④不明

⑤運動

⑥減感作療法(抗原を少しずつ飲んだり注射したりして、その抗原に対する抵抗力をつけるための治療法)

 

 

※日本では、今でもアナフィラキシーによる死亡が

毎年40~70例報告されているそうです 😡

 

 

アナフィラキシーを起こす可能性がある方は、

万が一、強いアレルギー反応があった時に医療機関で治療を受けるまでの補助治療剤として

自己注射製剤を処方してもらえるようになりました。

エピペン

↑自己注射製剤

 

 

 

このように、病気の知識だけでなく、薬の知識も身につけるため

アイキッズスタッフは日々勉強しています 😆

 

 

 

 


電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と検診予約 インフルエンザワクチン予約 WEB問診票 一般診療予約はこちらから