スタッフブログ

2013年10月18日 金曜日

ノロウイルス


知っていましたか?
ノロウイルスってこんなに小さいんです 😯

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

1381847_613008955412004_924138090_n
今日は 『ノロウイルス』 についてのお話です。

 

ノロウイルスは、

非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。

 

《主な症状》

・腹の底からこみ上げてくるような感触と吐き気
・嘔吐
・下痢
・高熱を伴う発熱
・激しい悪寒

 

《感染経路》

二枚貝などからの感染はよく知られていますが、
意外と見落とされがちなのが『接触感染』です。

例えば、
*エレベーターのボタン
*エスカレーターや階段の手すり
*テーブル・イス
*自動販売機
*公園の遊具
*コピー機やパソコン

こんなところにもウイルスは潜んでいます。
なので、ご飯を食べる前、自宅に帰った時にはしっかりと手洗いをする習慣をつけましょう。
(※ノロウイルスはアルコール消毒では効果がありません!)

 

《それでも感染した時》

現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。
このため、通常、対症療法が行われます。

特に体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養 の補給を充分に行いましょう。


2013年10月16日 水曜日

台風の中、工事は着々と。。。


10年に1度と言われる程の大型台風26号が、
やっと去りました。
関東地方では公共交通機関が止まってしまったりして、大変だったそうですね...。

 

 

みなさんのお宅は大丈夫でしたか?
お怪我などなかったですか?

 

 

まだ風は強いので気をつけてください。

そんな中、今日も着々と工事が進んでいました 😀

10,16 clinic


2013年10月13日 日曜日

感染症:RSウイルス


昨年の冬に大流行したRSウイルスが、
今年も去年を上回る勢いで流行の兆しをみせています。

 

『RSウイルス』 とは

乳幼児の肺炎や気管支炎の原因になるウイルスです。

 

 

かといって珍しいものではなく、
RSウイルス感染症は風邪ウイルスの一種とされ、
生後3歳までにほぼ100%の乳幼児が罹患すると言われています。

 

 

《症状》

発熱やせきなど一般的な風邪と同じで、大人は軽症で治ることが多いのですが、

早産の赤ちゃんや心臓や肺に病気がある赤ちゃんが感染すると、
重症化して入院が必要になることもあります。

 

 

《感染経路》

飛沫感染と接触感染の2経路と言われていますが、インフルエンザと異なり接触感染による感染が多いとされています。

 

 

RSウイルス 厚生労働省のサイトはこちら

今年は異常気象で、10月になっても真夏日のような暑さでしたが、

来週からは平年並みの気候になってくるそうです。

手洗い・うがいを習慣づけながら、バランスのとれた食事、質の良い睡眠を心がけて、
出来るものは予防をしていきましょう。


2013年10月10日 木曜日

本日も晴天!


今日も透き通るような青空 😛

アイキッズクリニックの土台が出来てきました!

10,10 clinic


2013年10月9日 水曜日

あいち小児在宅医療研究会


 

第2回あいち小児在宅医療研究会でシンポジストをやることになりました。

テーマは

「ライフステージを通じた医療連携」です。

あいち在宅医療研究会

 

 

障害児医療において医療・福祉・行政の連携の必要性は以前から言われ続けています。

今の現状で何が問題で何がこれから必要か

情報共有できればと考えています。

 

 

障害児医療は一般の人にとっても、

さらには一般の小児科医にとっても馴染みがなく、なんとなく難しそうで、とっつきにくい分野です。
この分野を少しでもわかりやすく、楽しく、もっと知ってもらえるよう情報発信をしたいですね。



電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と検診予約 インフルエンザワクチン予約 WEB問診票 一般診療予約はこちらから