スタッフブログ

2014年3月16日 日曜日

ブロッコリーとしらす和え (7.8ヶ月離乳食)


ブロッコリーとしらす和え

 

IMG_9412

 

 

《材料》4人分

・ブロッコリー   1房

・しらす干し   40g

★しょうゆ      少々

★かつお節(削り節) 少々

 

《作り方》 

1.ブロッコリーを小房に分け、熱湯でゆでる

2、しらす干しと★の調味料をあえて、できあがり♪

 

 

 

 

7.8ヶ月用離乳食のとりわけ方

IMG_9425

 

1.茹でたブロッコリー(長めに茹でる)を調理バサミで切る

2、しらす干しも茹でて、水気を切り、ブロッコリーと和える

3、2・3滴のしょうゆで味付けして、できあがり♪


2014年3月15日 土曜日

鮭のちゃんちゃん焼き (7.8ヶ月離乳食)


 鮭のちゃんちゃん焼き

 

IMG_9409

《材料》 4人分

・鮭 4切れ

・キャベツ 8~10枚(新キャベツがおすすめ)

・玉ねぎ  1玉(新玉ねぎがおすすめ)

・きのこ 1/2パック

 

《調味料》

★味噌(何色でもOK) 大さじ4

★しょうゆ 小さじ3

★砂糖  大さじ3

・バター ひとかけ

・ 塩   少々

 

 

《作り方》

1.鮭の骨はできるだけ取りのぞく

2、野菜を切る

 キャベツ→適当な大きさにちぎる

 玉ねぎ →薄切り

 きのこ →石づきをとってほぐす

3、★の調味料を合わせる

4、フライパンを熱してバターをおとす

 バターが溶け出したら、鮭を両面焼き、塩をかける

5、鮭にある程度火が通ったら、野菜ときのこを入れ炒める

6、野菜がしんなりしてきたら、★の調味料を加え、混ぜ合わせながら炒める

 (野菜から水分が出てきたら、ある程度捨てる)

7、全体に味がからまったら、最後のバターをのせて出来上がり♪

 

 

クッキングポイント 😉

・冷蔵庫にある、もやし・にんじん・コーンなどを色々入れてみてもいいよ

・魚は最初に皮を上にして焼くと、風味がつまっておいしいよ

・ホットプレートを使ってちゃんちゃん焼きパーティーにして、一度にたくさんの食材を食べるのも楽しいよ

 

 

7・8ヶ月用離乳食のとりわけ方

IMG_9427

1.キャベツ ・玉ねぎ ・きのこは細かく切って茹でる

2.鮭は茹でて、ほぐす

3、ゆでるときは、だし汁(すまし汁でとっただし汁でOK)でやわらかく煮る

4、2・3滴のしょうゆを加え、片栗粉でとじる(片栗粉はどちらでもOK)


アイアイクッキング Part1(ビタミンDを食べて強い身体にしよう!くる病を予防しよう!)


今回から、耕Lifeさんとコラボレーションして栄養士おすすめの心と身体にやさしいレシピ→(名づけてアイアイクッキング 😉 )をご紹介していきます 😆

 

大人と離乳食をそれぞれ作るのではなくて、

栄養を考えた大人用の食事を作り、そこから取り分けて離乳食を作ることによって、

子どもたちはもちろん、大人たちも、家族みんなが元気になってしまえる簡単レシピになっています♪

ぜひ、参考にしてくださいね 😉

 

 

今回のテーマ《ビタミンDの効果》

骨の健康(くる病予防)、免疫力UP、アレルギー、糖尿病、ガン予防、

 

 

★ アイキッズドクターからのアドバイス★

aizu

ビタミンDといえば骨を強くする(くる病予防)栄養素というイメージですが、

最新の研究結果では免疫に深く関わっていることが分かってきました。

 

喘息・花粉症等のアレルギー疾患やがん、糖尿病、インフルエンザまで、

ビタミンDの積極的摂取でいろんな病気を予防するというデータが出てきています。

 

アメリカやドイツでは生後すぐからのビタミンDシロップの摂取が推奨されています。

合理的なアメリカでは、売られている牛乳のほとんどにビタミンDが添加されているくらいです。

 

ビタミンDは外での日光浴または天日干しされた食品などの摂取で体内に蓄積されます。

日光浴不足になる冬場は、天日干しされたしらすや干物などをいっぱいとって風邪に負けない身体を作りたいですね。

 

 

★栄養士がおすすめするレシピ★

 

IMG_9407

ビタミンDたっぷりの献立

★主菜  鮭のちゃんちゃん焼き

★副菜 ブロッコリーとしらす和え

★副菜 切り干し大根

★ごはん

★汁  すまし汁

※料理名をクリックすると、レシピがみれます  😛

 

 

アイキッズ栄養士からのアドバイス 😆

・冬に天日干しした食材を多く食べるのは、日照不足を解消するための先人の知恵だったんだね

・油を一緒に採ると、体に吸収されやすいよ

・魚やきのこに(特に魚に)たっぷり入っているよ


2014年3月14日 金曜日

食物アレルギー:アナフィラキシーについての勉強会


今日はアナフィラキシー、またそれが起こった時の対処法についての勉強会をしました 😆

IMG_0885

 

 

アナフィラキシーとは

 

アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質(アレルゲンまたは抗体)に触れる、

あるいは食べたり飲んだりした後に、

数分から数時間以内複数の臓器や全身にあらわれる激しい急性の(即時型)のアレルギー反応です。

 

アナフィラキシーによって血圧の低下や意識障害などを引き起こし、

ショック状態に至ることがあり(アナフィラキシーショック)、場合によっては、生命を脅かすことがあります。

 

 

アナフィラキシーを起こす主な原因は?(発現率が多い順)

 

①食べ物 (卵、牛乳、小麦・そば、ピーナッツなど)

②薬 (抗生物質、解熱鎮痛剤、ワクチン、麻酔薬など)

③昆虫 (スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなど)

④不明

⑤運動

⑥減感作療法(抗原を少しずつ飲んだり注射したりして、その抗原に対する抵抗力をつけるための治療法)

 

 

※日本では、今でもアナフィラキシーによる死亡が

毎年40~70例報告されているそうです 😡

 

 

アナフィラキシーを起こす可能性がある方は、

万が一、強いアレルギー反応があった時に医療機関で治療を受けるまでの補助治療剤として

自己注射製剤を処方してもらえるようになりました。

エピペン

↑自己注射製剤

 

 

 

このように、病気の知識だけでなく、薬の知識も身につけるため

アイキッズスタッフは日々勉強しています 😆

 

 

 

 


2014年3月8日 土曜日

クレジットカード使えます


 

 

アイキッズクリニックでは、

会計時に各種クレジットカードが使えます 😛

2S2H8139

 

(子ども医療費受給者証により、

普段の診察だけだと自己負担がない方も多いかもしれませんが)

診察・薬代以外にも、任意の予防接種や乳幼児健診などの会計時にご利用いただけます。

 

 

 

使い方は、とても簡単です。

楽天カード

 

 

クレジットカードでのお支払いを希望の方は、ぜひご利用くださいね 😆

 

 

 



電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と検診予約 インフルエンザワクチン予約 WEB問診票 一般診療予約はこちらから