スタッフブログ

2014年5月12日 月曜日

渡航外来:いよいよW杯ですね!


こんにちは!

最近もっぱら暑くなって、半そでの人もよく見かけるようになりましたね。

 

あーあつい、あつい、あつい・・・

あついといえば!今激熱なのがW杯!ですね!

今年はブラジル!

よっしゃ、応援に行くぜ!!

待ってろ!ブラジル!待ってろ!W杯!

うおおおおおをををおおおおをおおお!!!

って人。ちょっとお待ちください。

 

自分の体のウォーミングアップ、できてますか?

そうです、予防接種です。

日本代表の応援をする前に、自分の体を万全にしましょう!

 

ということで、今日は日本代表の発表と同時に

ブラジルに行くにあたっての予防接種の代表選手を発表します。

 

・急性肝炎を予防してくれる予防接種の2トップ、A型肝炎B型肝炎ワチン

・ジフテリア、破傷風、百日咳を予防、華麗なハットトリックを決める3種混合ワクチン

・3種混合ワクチンの中でも重要な役割を果たす破傷風ワクチン

・相手の些細なミスをも得点に変える黄熱病ワクチン

 

と、こんな感じです。

絶対に接種していただきたいのはA型肝炎B型肝炎のワクチンです。

3種混合破傷風黄熱病ワクチンはできれば接種していただきたいワクチンです。

W杯まであと1ヶ月ですが、今から接種してもまだ間に合います。(今でしょ!)

みなさんも自分の体に偉大なる守護神GKを置いて、感染症を予防しましょう!

 

アイキッズではブラジル以外の海外渡航の相談も受け付けています。

しかも仕事で忙しい方のために、

月曜日~金曜日 9時~13時、17時~21時

土曜日 9~13時

診察時間内であればいつでも相談、接種できますよ!!

(黄熱病ワクチンは検疫所にお問い合わせください。)

海外渡航の詳細はこちら

ちなみに厚生労働省も推奨しています。

 

アイキッズはみなさんのサポーターとして、

いつでもみなさんの健康をサポートしていきます!

 


2014年5月2日 金曜日

経管栄養・胃ろうをされている方へ


GWも真っ只中、今日までアイキッズは診察をしています。
もちろん21時までやっています。
(明日から4日間はお休みをいただきます)

 

 

この度、
新しい経腸栄養剤が出そう(今は販売承認を受けた時点なのでこれから薬価などの手続きになり、発売はもう少し先です)という発表がありました。
アボットジャパン『エネーボ』 

http://www.abbott.co.jp/press/2014/140327.html

※エネーボについて詳しくは→https://www.ikidsclinic.com/?p=1814

 

 

一般の方にはほとんど知られていない事ですが、
様々な理由により普通の食事が摂取できない方はこのような経腸栄養剤を使っています。
簡単に言うと、人間に必要な栄養素をバランスよく配合されたお食事です。

 

 

しかし、
今まではそれだけだとどうしても微量元素というものが不足しがちになってしまい、長い在宅の患者さんなどは野菜ジュースをたしたり、ココアを足したり・・・各自で色々な工夫をしてきました。
それを解決できそうなのが、この商品です。

 

また、胃ろうの方に特に朗報なのが、
ラコールという商品の半固形バージョン
大塚製薬『ラコール®NF 配合経腸用半固形剤」』
http://www.enotsuka.co.jp/html/news/pdf/en140324.pdf

 

 

今まで胃ろうの方は栄養剤を摂取する時に、消化や血糖の問題がおきないように各自で寒天ゼリーにしたり、とろみ剤でとろみをつけたり、市販の半固形化補助食品を購入して使用しなくてはならないという問題がありました。
しかし、これは最初から半固形になっていて、それらの問題を解決できるかもしれないという商品です。

 

二つともまだ発売は先になりますが、
これからもこのような商品がどんどん開発されていき、
在宅の方の生活が安全にそして楽しく生き生きとできたら・・・と切に願います 😳


new! 経腸(経口・経管)栄養剤 「エネーボ」


15年ぶりに経腸(経口・経管)栄養剤がでました。

「エネーボ」という商品です。

 

IMG_0053

 

今までは「エンシュア」「ラコール」という商品が主流でした。

このエネーボという商品はエンシュア、ラコールには含まれていなかった

セレン

カルニチン

フラクトオリゴ糖

などが新たに追加されました。と紹介しましたが名前だけきいてもよくわからないと思いますので詳しく説明したいと思います。

<セレン>

セレンは藻類、魚介類、肉類、卵黄に豊富に含まれており、通常の食事で不足することはありません 。組織において抗酸化作用の役割を発揮し健康維持には欠かせない微量元素とされています。

ただし、経腸栄養期間の長い症例では欠乏症の報告があり、欠乏症の代表的な症状として心筋細胞の編成や線維化による心機能の低下、下肢の金力低下や筋肉痛、爪白色変化などがあります。

<カルニチン>

カルニチンはカルニチンは母乳に含まれている成分で、乳幼児の成長因子です。食品では牛肉、豚肉などの赤身の肉やカキなどに多く含まれます。魚より、肉のが多く含みます。カルニチンは脂肪代謝に関与する必須栄養素です。

<フラクトオリゴ糖>

フラクトオリゴ糖はアスパラガスやタマネギ、ニンニク、ゴボウなどの野菜類や大豆から摂取できます。また蜂蜜にも含まれています。腸内環境をよくして便秘の改善につながります。また、コレステロール値を低下させる働きがあります。

 

通常の食事をとっていれば不足することのない微量元素などです。

しかし、経腸(経口・経管)では毎日同じ栄養素が同じ量だけしか摂取できません。

そのため、使用している栄養剤により微量元素などが特に不足してしまいます。

実際に、上にあげたような問題や他に白血球の減少、貧血、不整脈などが引き起こされる場合がありました。

今回この「エネーボ」は微量元素などが加わり、栄養バランスが改善されました。

今までの商品では経腸(経口・経管)栄養の中でセレンなどの微量元素をどうやって上手に摂取したらいいか悩みでした。

このエネーボの出現より、必要でより多くの微量元素などの栄養素が摂取できると思います。

微量元素不足による問題がきっと改善されることでしょう!

エネーボ!!!・・・名前は「科学戦隊!合体ロボ!!」みたいな名前ですが、今まで以上の

「栄養素合体!高栄養ロボ発進!!!」

 

IMG_0134

という勢いです。

(決してリベートは頂いておりません!!!)

普段の食事のほうでもいろいろな栄養素のお話をしていきたいと思います。

 


2014年5月1日 木曜日

渡航外来:高山病予防・治療薬 ダイアモックス


 

今日から5月です!

 

 

もうそろそろ、GWの長期連休に入る方も多いと思います!

家族や友人と遠出される方も多いのではないでしょうか(^^)

 

 

登山に行ったり、水族館に行ったり、動物園に行ったり、海外旅行に行ったり、登山に行ったり...。

(...登山だけあえて2回言いましたが)

 

 

 

いろいろ楽しみな予定がたくさんありますよね!!

 

 

 

ということでっ!

今日は、山登りする際に注意すべき高山病とその予防・治療薬について一緒に勉強しましょう。

 

 

 

 

\ ①高山病ってどんな病気なの? /

高山病の症状は主に頭痛・嘔吐・めまい・呼吸困難です。

 

高山病は大きく3つの症候群に分けられ、

 

山酔い→頭痛や倦怠感、吐き気・嘔吐

高地脳浮腫→山酔い症状に加え、考えがまとまらなくなる、運動失調

高地肺水腫→安静時でもひどい息切れする

 

などの症状が見られます。

 

ひどいとその場で動けなくなってしまう人もいるみたいです。

あまり無理はせず、症状が出たら下山することも考えましょう。

 

 

 

\ ②高山病の原因は? 

酸素が欠乏することにより起こります。

高い山の上などでは、地上と比べて空気が薄い(酸素濃度が低い)ためです。

 

 

\ ③高山病にかかる確率は? 

富士山に登った方573人のうち、約半数が高山病にかかっていたことがアンケートで分かったそうです。

1200~1800の高度でも発症し、2700m以上の高さに急にのぼったときによくおきます。

 

参考:吉田口保全推進協アンケート

 

 

 

 

\ ④高山病の予防・治療はできるの? 

予防も治療もできます!!!

アイキッズクリニックでは、ダイアモックス(Acetazolamideアセタゾラミド)という薬を提供しています。

IMG_0113

ダイアモックスを登山する前に飲んでおけば山酔いを防止することができます。

また症状が現れてからでも服用すれば早急に改善されます。

 

この薬の作用により、血液が酸性となるために呼吸が刺激されて増加し、その結果高地に順応することができます。 

 

 

 

 

\ ⑤どうやって使うの? 

予防目的では通常の投与量は250mgを1日2回高地に行く前の日から服用します。

(1回につき1錠をパカっと半分にして半錠を服用)

 

治療目的では、1回250mg(1錠)を1日2回に分けて服用しますが、速やかな下山が一番です。

また、高地脳浮腫や高地肺水腫には、それぞれ治療薬があります(デキサメタゾン、ニフェジピンなど)。

 

 

*アイキッズクリニックでは、ダイアモックスは3,240円で提供しています。

 

高山病には予防・治療薬があるんですね。

高山病の対策は酸素ボンベだけだと思っていました(^^ゞ

 

 

 

せっかくの登山楽しみたいですよね。

2000m以上の山に登る場合は、前もって準備をしておくといいのではないでしょうか。

 

 

 

さて、私は山登り自体がド・初心者のため、

CMで話題の日本のマチュピチュ(竹田城)からチャレンジしようと思います!!!

 

BC8eIcrCAAAWeqB

 

きれいですね~☆

 

 

 

...ちなみに標高標高353.7mです。

高山病、全く関係ないですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 


予防接種:おたふく


今日はおたふくのワクチンについて学びましょう!

 

疑問① おたふくかぜってどんな病気?

おたふくってみなさん知ってのとおり耳下腺がぷくーっと腫れて、

痛いっ!てなる病気ですよね!

このことから流行性耳下腺炎とも呼ばれます。

「せき」や「くしゃみ」などでウイルスが飛び散り、

それを吸い込むことによって感染します。

合併症としては無菌性髄膜炎、難聴、膵炎などがあります。

 

疑問② おたふくの接種期間は?

1歳の誕生日を過ぎたら任意接種として接種を受けることができます。

2回目は4歳から6歳で行います。

(早期に免疫をつけたい方は4歳前に2回目を接種することもできます。発症年齢は4~5歳が1番多いので、

それ以前に予防接種を受けましょう!)

保育所や幼稚園、小学校などの集団生活では

感染する機会が多くなりますので、集団生活を開始する前までには

接種することをおすすめしています!

 

疑問③ ところでお値段は?

アイキッズでは1回のおたふくワクチンで5,000円となっております!

診察日、診察時間であればいつでも接種できます!

 

最後に予防接種豆知識!

実は予防接種って同時に何本でも接種できるんです!!

1本、3本、5本・・・何本でもOKです!!

(接種時期・期間は守りましょう)

ちなみに組み合わせも自由!よりどりみどり!(?)

お父さまお母さまの勇気次第!

 

ということで今日のところはこれで終わります。

 



電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と検診予約 WEB問診票 一般診療予約はこちらから