食物アレルギーとは?


こんにちは!

今日から食物アレルギーブログシリーズのスタートです!

 

全8回に分けて食物アレルギーのあれこれについて、

栄養士的な観点から、ブログを書いていこうと思います!

わたしたちも勉強途中なので、一緒に学んでいきましょう!

お子さんのアレルギーが気になるお母さん、大人の方でアレルギーがある方も、

要チェックや!です!!

 

 

〈 目次 〉 ※全8回!タイトル・順番は変わることもあります。

1.食物アレルギーとは (←今回はコチラ!)

2.食物アレルギーとアトピーの関係性

3.経皮感作・経口免疫

4.卵アレルギー

5.牛乳アレルギー

6.小麦アレルギー

7.ピーナッツアレルギー

8.大豆アレルギー

 

今回はアレルギーの総論的なお話です。

総論と書くとちょっと大げさですね・・・。おさわりみたいな感じです。(おさわり)

この記事を読んで、アレルギーについてざっくりと知ってもらえると嬉しいです!

では、アレルギーブログ、始まります!

 

食物アレルギーとは?

調べてみると、

「食物によって引き起こされる免疫反応を介して、生体にとって不利益な症状が誘発される現象

と、書いてありました。なかなかざっくりしてました。。

 

この、

免疫反応

不利益な症状

ってなんでしょう?ちょっと難しい言葉・・・ 😕

 

免疫反応とはなんでしょうか?

体に、病原菌などの異物が入ってきた時に、その異物を排除しようとする、体の防御機構のことです!

食物アレルギーの免疫反応は、

アレルゲンとなる食品が体内に入り、アレルゲンが肥満細胞や好塩基球という白血球のIgEに結合し、

これらの細胞がヒスタミンセロトニンを放出することにより起こります。

ヒスタミンやセロトニンが、血管拡張や血管の透過性亢進などを起こし、かゆみや浮腫などのアレルギー症状を起こします。

IMG_0032

 

なんだか難しいですね・・!!

 

実はこれ、花粉症などのアレルギー反応と一緒らしいんです! 😯

先日の花粉症ブログにも絵付きで作用機序が載ってるので、気になる方はぜひ。(コチラ

 

 

では、不利益な症状 とはなんでしょうか?

食物アレルギーによって起こる体の反応は大きく分けて4つ!

 

 

1.皮膚症状・粘膜症状

皮膚 → かゆみ、じんましん、赤み、湿疹(赤ちゃんに多いです)

粘膜 → 目の充血・腫れ、流涙、くしゃみ、鼻水

 

2.消化器症状

腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便

 

3.呼吸器症状

喉が絞め付けられる感覚、声嗄れ、せき、喘鳴、呼吸困難

 

4.アナフィラキシー症状

皮膚症状、粘膜症状、消化器症状、呼吸器症状など、いくつかが同時に起こった 全身性の症状です。

です。

重度のアレルギーの場合はアナフィラキシーショックを起こしてしまう場合もあります。 😯

アナフィラキシーショックとは血圧低下や意識喪失など生命をおびやかす症状です。

おこさんにアレルギーがあるお母さんは、ぜひアナフィラキシーショックの対処の方法を知っておいてください。

 

アナフィラキシーショックの対応

 

 

 

 アレルギーで一番多いのは?

アレルギーを起こす原因食物。。。気になりますよね!

みなさん、ぜひ予想を立ててみて下さい。

 

さあ、発表します。

いきますよ!

 

気になる第一位は、、、

いきますよ?!(くどい)

 

じゃららららら。。。じゃん!!!

 

 

(エッグ)です!

 

 

graph

 

1位 卵

2位 乳製品

3位 小麦粉

年々少しずつ割合は変わりますが、これが不動の3位です!

 

ちなみにアレルギーと診断されている人は、

乳児で10%、3歳児で約5%、保育園児が約5%、学童以降が1.3〜2.6%程度と言われています。

 

年齢群 0歳 1歳 2、3歳 4〜6歳 7〜19歳 20歳以上
症例数(人) 1,270 699 594 454 499 366
第1位 鶏卵62.1% 鶏卵44.6% 鶏卵30.1% 鶏卵23.3% 甲殻類16.0% 甲殻類18.0%
第2位 牛乳20.1% 牛乳15.9% 牛乳19.7% 牛乳18.5% 鶏卵15.2% 小麦14.8%
第3位 小麦7.1% 小麦7.0% 小麦7.7% 甲殻類9.0% そば10.8% 果物類12.8%
第4位 魚類6.7% ピーナッツ5.2% 果物類8.8% 小麦9.6% 魚類11.2%
第5位 甲殻類果物類5.1% ピーナッツ6.2% 果物類9.0% そば7.1%

 

 

卵、乳製品、小麦の3つだけでなく、そば、ピーナッツなどなど・・・

色々ありますね!

大人になるにつれ、治るアレルギーもあったり、出てくるアレルギーもあったり・・・

色々だそうです。(人生いろいろ。)

それぞれのアレルギー食品については、また今後のブログで詳しく載せていきたいと

思っているので、お楽しみに!

 

今日のおさわりブログはこんな感じです。(おさわり)

アレルギーについてざっくりわかっていただけたでしょうか?

今後もっと詳しい情報も更新していきますので、こうご期待です!(^^)

 

 


電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と健診予約 インフルエンザワクチン予約 一般診療予約はこちらから