スタッフブログ

2014年6月4日

薬紹介:ニキビ予防薬(ディフェリンゲル)


こんにちは!

本日は薬紹介ということで、ご紹介するのはこちらのお薬。

IMG_0092

 

ディフェリンゲルです!

このお薬はニキビ予防薬です。

この薬と私の出会いはある日の診察室でした。

 

先生「ニキビ予防薬があるから、使ってみるといいよ!」

 

先生が患者さんに言った一言。

 

な、なな、なんだと!?!?

この世にニキビを予防できるすばらしいお薬があったのか!!!!

 

その時診察補助に入っていた私は動揺を隠しきれていなかったと思います。

 

中学のころからニキビができては治り、できては治りの繰り返しだった私。

ニキビ用の洗顔、化粧水を信じてひたすら使い続けていた私。

このニキビ生活からなんとか抜け出したい。

そう、今その時が来たんだ!!!!

 

ということで、先生に処方してもらい、さっそく使ってみることに。

 

使い方は

洗顔を行い、化粧水、保湿液のあと、ニキビの出やすい部分に面ごとに塗る。

(おでこ全体、頬全体など)

こんな感じです。

化粧水、保湿液の代わりに保湿剤でも大丈夫ですよ!

私は使い方を間違えてディフェリンゲル→保湿の順でやっていたら、

ものすごい勢いで顔が乾燥してカピカピになりました。ご注意を。

 

ただ何個か注意点があります。

① 効果が出るまでに時間がかかります。

そうなんです、このお薬は効果が出るまでに約3週間ほどかかります。

それまで毎日塗らないといけないので、

ニキビを治したい!!という根気が必要になります。

 

② 副作用があります。(個人差あり)

1、 肌が乾燥する。

このお薬、ものすごい勢いで肌が乾燥します。

保湿剤と併用しましょう。

 

2、顔がひりひりする。

そう、これなんです。

このお薬を使うと、肌が敏感になるのでひりひりしやすくなります。

私の場合、化粧水のせいかもわかりませんが、ものすごいひりひりしました。

(化粧水つけるときはひやぁぁぁぁぁって感じでした。)

きっと保湿剤であれば大丈夫です。

 

ちなみに副作用は肌が薬に慣れるまでの辛抱です。(約1週間くらい)

それ以降は全く症状はでません。

 

以上です。

約3週間ほどつかっていますが、肌がつるつるになった感じがするような・・・

ニキビは確実に減っています。(断言)

ニキビゼロになるのを期待して、私はこれからも使ってみるつもりです。

この薬に興味のある方はお気軽に先生にご相談ください!

 

 


電話番号

  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と健診予約 インフルエンザワクチン予約 一般診療予約はこちらから