スタッフブログ

2014年3月5日

急性中耳炎は抗生剤なしで自然に治ることもあるけどね


外来でいつもお話していることですが、

急性中耳炎は抗生剤なしでも自然に治ります。

中耳炎の有無より中耳炎を起こしている原因の方が大事です。

 

中耳炎の原因が細菌感染症であって、

その細菌感染症が子どもの免疫力で制御できない場合に

抗生剤のサポートがようやく必要になります。

 

気管支炎や副鼻腔炎でも同じことが言えますが・・・

 

本日はパッツンパッツンの中耳炎の鼓膜所見を紹介

 

まずは比較として正常の鼓膜所見

正常鼓膜

 

本日受診されたお子さん、

「微熱がダラダラとずっと続くんです」

「風邪が全然治らず機嫌が悪いんです」と・・・

 

青っ鼻とノドがゴロゴロするのもあり、

怪しいと思って耳を診ると・・・

耳垢

耳垢ギッシリで鼓膜が見えない・・・

 

まずは耳垢をしっかりとっちゃいまして、その奥を確認すると・・・

破裂寸前の中耳炎

パッツンパッツンの破裂寸前の中耳炎です。

めっちゃ痛そうです。

そりゃ機嫌が悪くなるわけです。

大人なら悲鳴をあげるくらい痛いですね。

 

反対側は・・・

破裂後の鼓膜

すでに破裂した後と思われるヨレヨレの鼓膜でした。

 

「中耳炎で熱が出ていたの?」

 

これはよくある質問ですが、

このような質問に対して僕はズバリ、

「感染症に対する熱です」と言ってしまいます。

「熱も中耳炎も感染症の一症状でしかありません」と話しちゃいます。

そして「この子は肺炎球菌感染症です」と言ってしまいました。

 

なぜ肺炎球菌か?

経験からですね〜

その見極め方をまたそのうち書きます。

 

繰り返しますが、

中耳炎は抗生剤なしで自然に治ることもあります。

しかし、このお子さんの場合は微熱が1週間以上遷延し、

ここ数日は夜泣きもひどかったようで、

お子さん自身の免疫だけでは肺炎球菌感染症を制御できないと判断し、

免疫のサポートとして抗生剤(アモキシシリン)を処方しました。

 

「肺炎球菌ってワクチンがあるじゃないの?」

って思った人もいるかと思いますが、

肺炎球菌って90種類以上あって、

ワクチンが効くのは重症化しやすい13種類だけなんです。

それ以外は子どもで中耳炎や肺炎を起こします。

 

またまた繰り返しますが、

中耳炎は抗生剤なしで自然に治ることもあります。

肺炎だって抗生剤なしで自然に治ることがあります。

中耳炎の有無、肺炎の有無が重要なのではなく、

「何が原因か?」「何の感染症か?」の方が重要です。

中耳炎や肺炎の原因が細菌感染症とわかって、

子どもの免疫だけで太刀打ち出来ないときだけ抗生剤のサポートを受けましょう。

 

子どもの高熱が続く、機嫌が悪いのが続く、

お母さんにとっては本当に心配で不安だと思います。

その心配を真摯に受けとめ、確実な診断と丁寧な説明をして、

少しでも不安を減らせるような診療を心がけていきたいですね。


電話番号

  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と健診予約 一般診療予約はこちらから