スタッフブログ

2014年6月21日

弱くても勝てます!食べるお薬、鰯(いわし)


先日耕Lifeさんに特集があったいわしのつみれハンバーグ!

魚に「弱い」と書いて、鰯(イワシ)と読みます。

そんなこんなで、一見頼りなさそうに見える、いわし・・・。

 

しかし!!!

実はいわしは、栄養価が高い魚として注目されているんです!

今回は、いわし推しということでいわしについて熱く語りたいと思います☝

 

\ アウトを3回とらないとチェンジできないんだ! (by二宮監督)/

photo

 

いわしに多く含まれる栄養素の主なもの

・鉄分

耕Lifeや過去のブログ多数紹介中

 

・ビタミンⅮ

過去のブログで多数紹介中

 

・ω−3(オメガスリー) 

ω−3は魚油に含まれているDHA,EPAなどの総称を言います。

(DHAは聞いたことある人も多いのでは??)

DHA・EPAは魚の脂肪分に含まれていて、人の体内でつくることのできない栄養素です。

DHA血液の粘度を下げ、血液の流れを良くし(血液中の脂質濃度を下げる働き)、

動脈硬化の予防にもなると言われています。

また、目の網膜や脳の働きを活性化する働きがあり、

記憶力や観察力、学習能力の機能もアップするといわれてます。

EPAも魚の脂肪分に含まれていて、人の体内でつくることのできない栄養素です。

EPAは肝臓の機能を高め、中性脂肪を分解し排出させる働きがあります。

 

・タウリン

タウリンは私たちのからだや細胞を正常な状態に戻そうとする作用を持ちます。

高血圧やコレステロールが高い、肝臓が疲れてしまってる方におすすめです。

 

・コエンザイムQ10

美肌で話題のコエンザイムQ10!ビタミンB群がたっぷりで、ママのぷるぷるお肌のサポートに!

 

・メチオニン

メチオニンは髪の毛をつくるアミノ酸のシステインの原材料です。

パパのふさふさの髪の毛のサポートに!

またシステインは飲酒や眼精疲労で消費してしまうそうです。

イワシを食べてシステインを補いましょう!

 

つまりイワシを食べると・・・?

血液サラサラ!(動脈硬化を防ぐ!コレステロールを低下!)

免疫力増加!(風邪ひきにくい!)

お肌ぷるぷる!(きれいなママに!)

脳細胞の成長促進!(ボケ防止にも!)

体が元気に!(ビタミンD、鉄分もたっぷりです)

 

一石二鳥ならず、五鳥も六鳥もなりますね♪

お子さんだけでなく、パパにもママにも、おじいちゃんおばあちゃんにも!

みんなに食べてほしい魚ですね(^^)

いわしに限らずですが、食べ物はのものが栄養価が高くておすすめです!

いわしの旬は6月〜10月くらいです!(ちょうど今!)

今日の晩御飯何にしようが悩んでるお母さん!

ぜひ今日はおうちでいわしを使った料理をしてみてはいかがでしょうか 😛

(注:いわし業者からのまわし者ではありません。)

 

 


電話番号

  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と健診予約 インフルエンザワクチン予約 一般診療予約はこちらから