スタッフブログ

2014年4月21日

季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)でお困りの方へ


 

今日は花粉症のお話です!

 

この時期に気になる花粉症。

花粉症はアレルギーのひとつです。(季節性アレルギー性鼻炎とも言うそうですね。)

 

花粉症は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、色んな症状がでます。

 

「目がかゆくて、鼻水が滝のよう・・・。」

「外に出るのが辛い、薬を飲んだら眠くなってしまうし・・・。」

 

お困りの方は多いかと思います。

(花粉症の友達が「目ん玉とって洗いたい!!」と言っているのをよく聞きます。)

 

 

なぜ、こうしたアレルギー症状が起こるのでしょうか?

 

実は、花粉症を含むアレルギー反応(食物アレルギー、じんましん、皮膚炎・・・)

これらの反応には共通して、ヒスタミンが関係しています!

 

ヒスタミン、耳にしたことあるでしょうか。

 

 

♦ 作用機序

 

①アレルゲン(アレルギーを引き起こすもの)が、体内の肥満細胞や免疫を担当している好塩基球にくっついているIgEに結合する。

②肥満細胞(又は好塩基球)がヒスタミンなどの物質が放出する。

ヒスタミンがむくみや、かゆみを起こす!!

 

文章だと少しわかりにくいですね・・・!

絵にしてみました。

 

IMG_0032

(余計わかりづらいですね・・・ :cry: )

 

このように食物アレルギーにも、鼻炎などのアレルギーにも、ヒスタミンが大きく関わっています!

 

そのため、アレルギーの治療には、

抗ヒスタミン薬 という薬が使われています。

この薬はヒスタミンの作用を抑制する働きを持ちます。

 

アイキッズクリニックでは主に、「ロラタジン」という抗ヒスタミンの薬を処方しています。

 

IMG_0034

左が粉末タイプ、右が錠剤タイプ(大きい子用)です。

 

IMG_0093

じゃじゃん!こちらがODフィルムタイプ。

舌の上で溶けてしまう魔法のシートです!!

 

 

アレルギーの薬(鼻炎の薬)というのは眠くなってしまうのを想像してしまうと思いますが、

ロラタジンは脳への影響が少なく、比較的眠くなりません。

 

他にも様々な種類のアレルギーの薬を取り揃えてあります!(点鼻薬もあります。)

花粉症でお困りのお子さん、お母さんお父さん。(大人の方でもお薬処方できます!)

ぜひアイキッズへ足を運んでみてください :-P

 

 

 

 


電話番号

  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と健診予約 一般診療予約はこちらから