スタッフブログ

2014年6月19日

離乳食 ~みそ汁のレシピ~


鉄欠乏性貧血を治療・予防しよう!

 

今回のLife夏号(人生を耕すためのライフスタイルマガジン。アイキッズクリニックにも置いてあります!)で鉄分たっぷりメニューを紹介しましたが、その一つみそ汁の紹介です。

IMG_0166

じゃがいも入りのみそ汁 レシピ

IMG_0168

 

《材料》2人分

❁じゃがいも(新じゃがいも) … 1個

❁油揚げ … 20g

❁さやえんどう … 10g

 

《調味料》

❁煮干し … ひとつかみ

❁豆みそ … 大さじ1~1.5

 

《作り方》

① 鉄の鍋に水(300g)と煮干しを入れます。

30分以上おきましょう!       ※前の夜につけておいてもいいですよ。

ひと煮立ちさせ、煮干しを取り出します。

② お好みに切ったじゃがいもと油抜きした油揚げを入れ、煮ます。

※この時、赤ちゃん用にカレースプーンくらいの量を取り分けておいてください。だし汁(約100cc)もお忘れなく!

③ 野菜を切るときにさやえんどうも切っておきましょう。

④ みそを溶き、切ったさやえんどうを加えて完成!

 

 9~11カ月の離乳食の取り分け方

 

IMG_0175

① 取り分けたものから具を取り出します。

② じゃがいもと油揚げをキッチンバサミを使って、じゃがいもは小指の爪くらいに・油揚げは細かく切ります。

② 取り分けただし汁に②と親のみそ汁の汁を小スプーン1杯を入れたら完成!

※11ヶ月の赤ちゃんでしたら、親のみそ汁の煮込む前の火を止めた上積みを取り分けてもOKです

 

ひとこと♫

・少しでも鉄を摂取して欲しい想いから、鉄鍋を使用しました。

・豆みそ、米みそ、麦みそと色々ありますが、その中で一番鉄分が含まれているのが豆みそ!

と言うことで、豆みそを使用しました。

・じゃがいもについて

芋類の中ではビタミンC、葉酸、、カリウム、食物繊維などを豊富に含んでいます。

ビタミンCは、体内でのコラーゲンの生成や、抗酸化物質として働く健康に役立つビタミンとして知られています。

そして、今回のテーマである鉄や銅の吸収を助ける働きもあると言われています。

ビタミンCは熱に弱い性質なので加熱調理で損失してしまいがちですが、

じゃがいもの中に含まれるビタミンCは、デンプンに守られていることから、加熱調理しても損失しにくいといわれています。

 

でも、実際にじゃがいものビタミンCはどのくらい含まれているの??

レモン(約 中1個分)  100mg

温州みかん(約 中1個分)  35mg

りんご(約 1/4~1/3個分)  4mg

じゃがいも(約 中1個分)  35mg

※全て100gに対しての量になります。

なんと! 温州みかんと同じです。

 

これからの時期は、汗をかくようになります。汗で水分・塩分・鉄分不足になりがちです。

みそ汁を飲んで、不足分を補いましょう♪

 


電話番号

  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と健診予約 インフルエンザワクチン予約 一般診療予約はこちらから