予防接種:ロタウイルス(ロタリックス、ロタテック)


今回はロタウイルス(ロタリックス、ロタテック)の予防接種について学びましょう!

 

疑問① ロタウイルスって何だろう?

ロタウイルス感染症とは、実は5歳までにほとんどの子どもがかかる

ウイルス性の感染症といわれています。(なんですと!?)

代表的な症状は、

嘔吐  下痢  発熱

いわゆる胃腸かぜです。

胃腸かぜといえばノロウイルスを思いつく方が多いと思います。

ノロウイルスは冬に大人も子どもも関係なく流行しますが、

ロタウイルスは冬から春にかけて、子どもに流行し、

かつ重症化しやすいのです!

なんと5歳までの子どもの約15人に1人

ロタウイルス胃腸炎が原因で入院するといわれています。(ここ重要)

子どもでは急性の感染性胃腸炎のなかで最も重症化しやすく

胃腸炎で入院するだけでなく、けいれんや脳炎を起こすことも。

しかも!!ロタウイルスは感染力が強く、集団生活で容易に感染するのです!!!

子どもがロタウイルスにかかってぐったり・・・

それが兄弟、姉妹にもうつってぐったり・・・

嘔吐や下痢でよごれたところを何度も何度も掃除して、

お父さんもお母さんもぐったり・・・

なんてことにならないことにもロタウイルスのワクチンをおすすめしています。

 

疑問② ロタリックスとロタテックの違いは?

ロタウイルスワクチンには種類が2つあります。

〈ロタリックス〉

接種回数:2回

1回目・・・生後6週以上

2回目・・・1回目から4週間以上あける

※生後6週以上25週未満に接種を完了させる

初回接種は生後15週(3ヶ月半)までに始めることが望ましい。

構成ウイルス:ヒトロタウイルス

 

〈ロタテック〉

接種回数:3回

1回目・・・生後6週以上

2回目・・・1回目から4週間以上あける

3回目・・・2回目から4週間以上あける

※生後6週以上32週未満に接種を完了させる

初回接種は生後15週(3ヶ月半)までに始めることが望ましい。

構成ウイルス:ヒト、ウシロタウイルス

 

おおまかな違いは『回数』と『値段』です。

効果はそこまで違いはありません。そうなんです。

どちらを選ぶかはお父さん、お母さん次第。

ちなみに豊田市では接種率が約3割だそうです。

少ないと感じられるかもしれないですが、これでも豊田市は多いほうなのです。

そして最大のポイント、

ロタウイルスワクチンはインフルエンザワクチンよりも有効性が高い!!

有効性9割!!!だそうです!!!

なので豊田市の3割接種でもロタウイルス感染はかなり予防できているとのこと。

 

疑問③ ところでお値段は?

気になるお値段は(じゃーん!)

ロタリックス:11400円

→2015年3月より10800円になりました。

ロタテック:7200円

※両方とも1回分のお値段です。

アイキッズでは診療日、診療時間(9~13時、16~19時)であれば

いつでもどのワクチンでも接種可能です!!すごい!!

今までロタウイルスとか聞いたことなかった方も

ロタウイルスワクチン、どうぞご検討ください!

 

 

 


電話番号
  • アイキッズクリニックLINE

予防接種と健診予約 インフルエンザワクチン予約 一般診療予約はこちらから